PR

レッドソックス

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
MLB

【2024】レッドソックスは年俸総額を抑制へ!誰が放出候補なのか

クリス・セールの放出は先発投手陣が手薄なレッドソックスの動きとしては驚きのものでした。 年俸2750万ドルのうち、1700万ドルをレッドソックスが負担する形でのトレードで、目的のひとつが年俸総額の削減であったことがうかがい知れます。 そのレ...
MLB

レッドソックスがクリス・セールを放出!先発ローテに再び穴

ルーカス・ジオリトと2年3850万ドルで契約したと伝えられるレッドソックスが、トレード市場でも動きを見せました。 チームの核、エースの立場にあったクリス・セールをブレーブスに放出し、プロスペクトのボーン・グリソムを獲得したことが伝えられてい...
MLB

レッドソックスがルーカス・ジオリトと2年3850万ドルで合意!

2023年に両リーグ22位に沈んだレッドソックスの先発投手陣で、シーズンオフの重要な補強ポイントとなっていました。 そのため山本由伸の争奪戦にも参戦していたレッドソックスですが、大きな魚は釣り逃がすことになりました。 それでも2024年は放...
スポンサーリンク
MLB

【2023‐24】レッドソックスは投手陣の補強を優先か

レッドソックスの2023年はア・リーグ東地区の最下位に沈み、良いものではありませんでした。 ここから再びプレーオフを目指すには、ロースター全体を強化する必要があるのですが、その中でも投手陣の、特に先発投手の補強に動いているようです。 Mas...
MLB

ヤンキースがレッドソックスからアレックス・ベルドゥーゴをトレード獲得

ヤンキースは左打ちの外野手を補強ポイントとしていましたが、その第一弾と考えられるトレードを成立させました。 ヤンキースはファームの投手3人を放出し、その見返りとしてトレードでアレックス・ベルドゥーゴを獲得しました。 このトレードの内容をまと...
MLB

レッドソックスは先発投手のトレード補強を優先!FA市場での動きはその後か

レッドソックスの先発ローテは手薄です。 レッドソックスの地元メディアの一つであるMassive LiveのSean McAdamのRed Sox have shown interest in Cy Young winner, but not...
MLB

レッドソックスがグレイバー・トーレスに関心?二塁手が補強ポイントに

レッドソックスがヤンキースの二塁手グレイバー・トーレスのトレード獲得に関心を持っているようです。 レッドソックスの地元メディアの一つであるWEEIのRob BradfordがThe second baseman that seems to ...
MLB

ジャスティン・ターナーは契約をオプトアウトか?38歳も複数年契約もあるか

ジャスティン・ターナーは1年契約にプラスして、2024年にプレイヤー側に選択権があるプレイヤーオプションでレッドソックスと契約しました。 2023年は830万ドルに出来高をつけたものですが、2024年の契約は1340万ドルでバイアウトが67...
MLB

レッドソックスは投手補強が不可欠!その候補となるFA選手は

レッドソックスはフロントの体制がまだ定まっていません。 そのためシーズンオフの動きを予想するのは難しいとMASS LIVEのChristopher Smithは"Here’s 10 potential Red Sox free agent ...
MLB

大谷翔平の争奪戦にレッドソックスが浮上!低迷脱出の起爆剤か

この4年間で3度の地区最下位となったレッドソックスで、様々な面でロースターのグレードアップが必要となっています。 そのレッドソックスが大谷翔平の獲得に向けて積極的な姿勢であることが伝えられています。 ニューヨークポストのジョン・ヘイマン氏が...
スポンサーリンク